健康で長生きしてもらうためにもペット保険に入ろう

犬

小さいプードルを飼うなら

飼い主と動物

特徴に見られる魅力

プードルの中でもっとも小さいサイズで、ぬいぐるみのような可愛らしさを持つトイプードルは、小さな身体を美しい巻き毛で飾っています。その巻き毛もカラーバリエーションが豊富で、カラーによって性質に変化も生じるケースがあります。例えば、ホワイトは甘え上手であり、ブラックは元気なタイプが多いです。また、ブラウンはマイペースといった傾向があります。しつけなどをする際には、毛色を参考に考慮しても良いでしょう。またトイプードルの巻き毛は、抜けにくいという特徴があります。衛生面などでペットの抜け毛が問題になることもよくありますが、トイプードルの場合はその心配は基本的にありません。しかし抜けにくいけれど毛は伸びますし、巻き毛なのでお手入れをせずに伸ばしたままにしておくと絡まったり、毛玉になるなどのリスクがあります。そのため、毎日のブラッシングや定期的なトリミングを実施してあげましょう。また耳のケアも大切です。トイプードルは耳の奥まで毛があるため、鼓膜付近に汚れが溜まりやすい傾向にあります。それゆえにシャンプーの際になかなか乾きにくく、そのままにしておくと細菌感染やカビなどのリスクを抱えることになりかねません。よって自力での耳のケアが難しい場合は、獣医などの専門家に相談してみましょう。そしてそういったボディケアとともに、毎日の運動も欠かさないようにすることも重要です。小型犬でも運動が好きな犬種なので、室内犬として飼育していても外に出る散歩は必要です。散歩を怠ると運動不足になり、ストレスなども抱える可能性があります。また、社交性もあり比較的賢い犬種なので、初めて飼う人にとっても世話がしやすいとされています。そのため、多くの人に人気となっており、現在では飼う人も増えているのです。