健康で長生きしてもらうためにもペット保険に入ろう

犬

トイプードルとどう違うか

飼い主とペット

体調の面で違いがあります

ティーカッププードルはティーカップにすっぽりとはまるほど小さいサイズのプードルのことで、トイプードルはそれよりも少し大きいサイズのプードルです。トイプードルはマルチーズやシーズーほどの大きさで、一時期はぬいぐるみのような愛らしい姿が人気を呼んで、飼って育てる人が多くいました。ティーカッププードルもトイプードルをさらに小さくしたようなものなので人気が高く、小さいサイズから広い家でなくても育てやすいといわれています。ただそれだけ小さいサイズであることから、少々病気や怪我に弱いところがあるとも言われています。骨が弱く衝撃にもあまり強くないことで、運動をさせながらもあまり病気や怪我をしないような環境を整えていく必要があります。トイプードルははしゃぐのが大好きで、よく飛び跳ねることが多く、ティーカッププードルとは違って骨はそんなに弱いことはありません。体の面ではそのような違いがありますが、精神的な面ではトイプードルもティーカッププードルもさほど違いはないといわれています。どちらも甘えん坊な性格で人懐っこく、少々臆病なところがありながらも遊び好きです。そして意外と賢いところがあり、飼い主に依存しやすく、しつけもしやすい種類であり覚えるのは早いほうです。どちらを飼って育てるかは性格で判断するよりも体調の管理を行なうことができるかどうかで判断し、選ぶと良いかもしれません。ティーカッププードルは体調の面では繊細なところがありますが、小さい体で一生懸命飼い主に懐いていくので人気の高い種類となっています。