健康で長生きしてもらうためにもペット保険に入ろう

ドッグ

ペットが亡くなった時に

最近では火葬から葬儀まで行うペット供養の業者が多くなってきました。飼い主の気持ちに寄り添ってくれる、安心して任せられる業者を選びたいです。また、飼い主は後悔の無いようにペットに感謝の気持ちを込めて供養を行うことが大事です。

小さいプードルを飼うなら

飼い主と動物

ふわふわの巻き毛がまるでぬいぐるみのようで可愛らしい犬種がトイプードルです。小型犬の中でも比較的賢くて世話に手間もさほどかからないため、飼育がしやすいです。また、見た目の愛らしさも影響して人気が高まる傾向にあります。

トイプードルとどう違うか

飼い主とペット

ティーカッププードルとトイプードルの違いは性格ではあまり違いはありませんが、体の面ではティーカッププードルのほうが繊細で怪我をしやすく病気にかかりやすいといわれています。飼って育てるためには体を守れる環境が必要です。

愛犬に長生きしてもらう

動物

ペット用の保険に加入する

飼い主が加入している健康保険証を動物病院に持参しても、治療に保険が適用されることはありません。なぜかというと、健康保険がカバーしているのは、人間の病気や怪我の治療だけだからです。いくら飼い主にとっては家族同然の大切な存在だったとしても、犬は人間ではなく動物です。動物の治療は自由診療扱いになりますので、飼い主が治療費全額を自己負担しなくてはなりません。この飼い主の負担を軽くするために誕生したのが、損害保険会社が提供するペット保険です。 様々な会社がペット保険を販売していますが、ペット保険に加入する際には、今現在の保険料だけでなく、高齢になってからの保険料にも目を向けてみる必要があります。ペット保険は基本的に1年契約になっていますので、1年ごとに契約更新がなされます。契約更新時には、その時点における犬の年齢に合わせて保険料も改定されます。犬も人間と一緒で、年齢が高くなればなるほど病気や怪我のリスクが高くなります。したがって、契約更新するたびに保険料が上がっていくことになります。年齢が若いうちの保険料が他社より安い設定になっていたとしても、契約更新時のアップ率が高くなっている場合は、トータルで支払う保険料が高くなってしまう可能性があります。高齢になってからの方が動物病院にかかる頻度が高くなります。治療の必要性が高まってから保険料が支払えないという理由でペット保険を解約せざるを得なくなってしまっては大変ですから、高齢になってからの保険料が安めの設定になっているペット保険を選ぶのが得策です。